《便利お得情報》4kw程度の太陽光発電を自宅に導入した時の年間予測発電量

ただ単に太陽光発電と言いましても、メーカーによってオプションやサービスなどが異なっています。
これらの詳細を知るために、まずは多くのメーカーの太陽光発電を比較して最もお得な業者から購入をするようにしましょう。太陽光発電における発電量というのは、住んでいる地域や屋根の角度、方位などで大きく異なります。
なのでエリア毎の発電量に関する全ての情報を集めるためには、かなりの手間を必要とするのです。もし4kw程度の太陽光発電を導入した時の年間予測発電量というのは、4500kwh〜5400kwh程度を期待することが出来ます。
この数字を電気料金に置き換えると、固定買取制度で計算してみると、おおよそ17万円〜20万円前後の換算電気料金になります。
一時全国の原子力発電所が停止しましたが、最近になってまた原子力発電所の再稼働が話題となっています。
福島第一原発の悲劇を繰り返さないためにも、太陽光発電を利用して電気事情に協力をしてみませんか?太陽光発電の設置に関するメーカーや電力会社主催の地域を絞った太陽光発電のセミナー等に是非とも参加をしてみてください。
地域に密着した太陽光発電の過去データを把握することが出来るので、大変役立ちます。

 



《便利お得情報》4kw程度の太陽光発電を自宅に導入した時の年間予測発電量ブログ:2019-6-23

水はの体質中では
血液や皮膚、筋肉、臓器、骨、などあらゆる場所にあり、
成人では体質の約6割が水分で構成されています。

一日に必要な水分量については諸説あり、
一概にこれだけと言い切れませんが、
人間の体質は安静にしていても最低1200mlは必要なので、
一日あたり、
1500ml(1.5L)〜2000ml(2L)の水分補給が望ましいとされています。

一日で体質から出て行く水分は
便と尿で1400ml、汗と呼気で900ml…
合計2300mlの水分が排出されています。

ですから、
失われる水分を補給する意味でも
一日2Lの水分は必要ということになりますね。

でも、
その2Lをすべて「飲む水分」と考えなくても大丈夫です。
食べ物からも水分が得られます。

野菜やフルーツにも多くの水分が含まれていますし、
お米もごはんになると水を含むので
水分は約4倍に増えます。

また、
出て行く水分も多く
意外に思われるかもしれませんが、
意識しなくても体質は、
体質の中の水分量を一定に保ってくれているのです。

おすすめの水分補給のタイミングは
10時目覚めたとき・お風呂の前後・寝る前、
あとは喉が渇く前に少しずつこまめに飲むのが無理なく続けられますよ。

水道水は、
一度沸かした湯冷ましの方が有害物質が抑えられます。
お気に入りのミネラルウォーターを見つけるのもいいですね。
ジュースや甘い飲み物は嗜好飲料に分類されますので
楽しみ程度にしておきましょう。

水分を味方につけて
体質の中も外もきれいにしていきたいですね。

・・・と、こんな事書いてみる